浄土真宗本願寺派 瑞光山 西念寺

Call 078-882-1141 一般受付時間 8:30〜17:00

寺ブログ

西念寺から日々様々なことを発信しております。

2018.12.11 生死?死生?

変な話に聞こえるかもしれませんが「死」という文字の読み方はたったひとつしかありません。

では、最も多くの読み方を持つ文字は何かわかりますか。

それは「生」です。いく通りもあるのが「生」なのです。

生死、一般的には「せいし」と読みますが、仏教では「しょうじ」と読みます。

ただ「生きる」ことと、「死ぬこと」というだけではなく、

とある先生はこのように記されています。

人間が「生命」を営んでいくために必要な教養や知識、蓄えた財産などは、死を目の前にしては何の支えにもなりません。

では、ただ一人空(むな)しくこの世を去っていかなければならないのか、と思い悩むしかないのでしょうか。

生と死は紙の裏表のようなものですから「生死(しょうじ)の問題」といい、「生死の壁」ともいいます。

浄土真宗では「後生(ごしょう)の一大事(いちだいじ)」ともいいます。

生死の壁の前で終わる人生は、ただいたずらに暮らし、いたずらにあかした生活であり、

そこに、人間に生まれた意義を見いだすことはできません。あたかも人生は夢のようなもので、

夢を見ているときはそれが現実で、その現実にいかり、腹立ち、悲しみ、喜びます。

しかし夢から覚めてしまうと、夢の中の現実は、まったく空ごとたわごとというものでしょう。

この生死の壁を超えていく道を明らかにされたのが、親鸞聖人です。聖人が説かれた仏法は、

まさしく「生死出(しょうじい)づべき道」なのです。

画像の漢字、このような漢字は存在しませんが生と死は表裏一体との味わいです。

無料相談のご案内

西念寺では無料相談を受け付けております。
西念寺のこと、永代供養・ご葬儀についてなどご遠慮無くお問い合わせください。